Slideshow Items

  • oxiti酸素濃縮器

oxiti(オキシティ)工業用酸素濃縮器は、圧力スイング吸着(PSA)技術を採用しています。 空気には、21%の酸素、78%の窒素、1%のアルゴンの3つの主要ガスが含まれており、酸素濃縮装置は空気から窒素を除去します。

この装置の動作は、外気取り入れフィルタに空気が引き込まれることから始まります。 ここでろ過された空気は、吸引レゾネータと細かいフィルタを介してコンプレッサに入ります。加圧された空気は、コンプレッサを出て、モレキュラーシーブ(シーブベッド)を含む2つのチューブの1つに空気を導く電子バルブシステムに入ります。モレキュラーシーブは、シーブベッドを通過するときに空気から窒素を吸着(物理的に引き付け)します。これにより、酸素に富んだ生成ガスのみが圧力レギュレータに送られます。1つのチューブで生成ガスを生成し、もう1つのチューブで吸着した窒素をパージしているため、このプロセスは圧力スイング吸着(PSA)と呼ばれます。 レギュレータを通過した後、生成ガスの流量は、流量計調整バルブによって設定されます。 濃縮酸素ガスは最後に、逆止弁付バルブを通過した後、耐火性の排気口から排出されます。

oxitiは、頑丈なアルミニウムケースに、日本とアメリカの高品質の部品で組み立てられています。高品質の部品は、耐久性と容易なメンテナンスを保証します。 多くの酸素濃縮器はヘルスケアおよび家庭用に開発されており、産業用目的の強度、環境設計、および耐久性に欠けています。 工業用に設計された濃縮器は、大きくて洗浄が容易なインレットフィルタを備えています。

酸素濃縮器のモレキュラーシーブは水に敏感であり、水が酸素濃縮器に入ることを常に避ける必要があります。 これは装置を損傷から防ぐために重要です。 頻繁な始動と停止、あるいは湿気のために濡れたシーブは、交換の必要があります。

酸素濃縮器の装置には圧力計が含まれており、ウルトラファインバブル/ナノバブル発生装置 turbitiナノバブルミキサへの排出圧力を確認できます。oxitiは70-100 kPaの圧力を供給します。
より高い圧力が必要な場合、より大量のガスをより効率的に溶解する場合は、oxitiブースタをご利用ください。

oxiti酸素濃縮器

  • 8 LPM 工業用酸素濃縮器(日本市場のみ 5 LPMモデル選択可)
  • 高品質の日本部品 安心の日本製
  • マイクロプロセッサ制御
  • 低運用コスト
  • 持ち運び可能なデザイン
  • 容易な設置とメンテナンス

Model

規格

  • Model name酸素濃縮器 8 200V
    Model numberoxiti-08-200
    スペックシート酸素濃縮器 8 200V
    使用環境メートル法ヤードポンド法
    Ambient temperature minimum10 ℃50 ℉
    Ambient temperature maximum40 ℃104 ℉
    Relative humidity minimum15 %15 %
    Relative humidity maximum95 %95 %
    ガスメートル法ヤードポンド法
    Minimum flow / minute2.0 リットル0.5 ガロン
    Maximum flow / minute8.0 リットル2.1 ガロン
    Minimum flow / hour120 リットル32 ガロン
    Maximum flow / hour480 リットル127 ガロン
    気圧 103 kPa15 PSI
    Gas quality87%から95%の酸素
    Gas remark空気
    電気メートル法ヤードポンド法
    Unit phase Ø voltage1 Ø 200 VAC 50/60Hz
    Unit power consumption580W 60Hz / 450W 50Hz
    接続メートル法ヤードポンド法
    Gas inlet継手を接続するための10 mmプッシュ
    大きさ&重量メートル法ヤードポンド法
    大きさ (幅)x(奥)x(高)460 x 444 x 695 mm18.1 x 17.5 x 27.4 インチ
    重量29.9 Kg65.9 lbs
    Shipping dim. (w)x(d)x(h)60 x 57 x 80 cm24 x 22 x 31 インチ
    Shipping weight32.9 Kg73 lbs
  • Model name酸素濃縮器 5 100V
    Model numberoxiti-05-100
    スペックシート酸素濃縮器 5 100V
    使用環境メートル法ヤードポンド法
    Ambient temperature minimum10 ℃50 ℉
    Ambient temperature maximum40 ℃104 ℉
    Relative humidity minimum15 %15 %
    Relative humidity maximum95 %95 %
    ガスメートル法ヤードポンド法
    Minimum flow / minute2.0 リットル0.5 ガロン
    Maximum flow / minute8.0 リットル2.1 ガロン
    Minimum flow / hour120 リットル32 ガロン
    Maximum flow / hour480 リットル127 ガロン
    気圧 103 kPa15 PSI
    Gas quality87%から95%の酸素
    Gas remark空気
    電気メートル法ヤードポンド法
    Unit phase Ø voltage1 Ø 100 VAC 50/60Hz
    Unit power consumption555W 60 Hz / 435W 50 Hz
    接続メートル法ヤードポンド法
    Gas inlet10 mmの接続継手
    大きさ&重量メートル法ヤードポンド法
    大きさ (幅)x(奥)x(高)460 x 444 x 695 mm18.1 x 17.5 x 27.4 インチ
    重量29.9 Kg65.9 lbs
    Shipping dim. (w)x(d)x(h)60 x 57 x 80 cm24 x 22 x 31 インチ
    Shipping weight32.9 Kg73 lbs
    • 21°Cの温度で、最大1500メートルの標高で、製品の劣化を引き起こすことなく動作可能です。 これより高い標高(1500~4000メートル)での使用については、装置のサプライヤにお問い合わせください。
    • 周囲温度-10〜60℃ 相対湿度85%以下(結露なきこと)の乾燥した場所に保管。
    • 頻繁なコールドスタート、ほこりの多い環境、昼夜の気温差等による結露、不規則な電力(電圧の上昇と下降)は、酸素濃縮器に損傷を与える可能性があり、保証の対象外です。
  • Model name酸素濃縮器 5 200V
    Model numberoxiti-05-200
    スペックシート酸素濃縮器 5 200V
    使用環境メートル法ヤードポンド法
    Ambient temperature minimum10 ℃50 ℉
    Ambient temperature maximum40 ℃104 ℉
    Relative humidity minimum15 %15 %
    Relative humidity maximum95 %95 %
    ガスメートル法ヤードポンド法
    Minimum flow / minute2.0 リットル0.5 ガロン
    Maximum flow / minute8.0 リットル2.1 ガロン
    Minimum flow / hour120 リットル32 ガロン
    Maximum flow / hour480 リットル127 ガロン
    気圧 103 kPa15 PSI
    Gas quality87%から95%の酸素
    Gas remark空気
    電気メートル法ヤードポンド法
    Unit phase Ø voltage1 Ø 200 VAC 50/60Hz
    Unit power consumption580W 60Hz / 450W 50Hz
    接続メートル法ヤードポンド法
    Gas inlet継手を接続するための10 mmプッシュ
    大きさ&重量メートル法ヤードポンド法
    大きさ (幅)x(奥)x(高)460 x 444 x 695 mm18.1 x 17.5 x 27.4 インチ
    重量29.9 Kg65.9 lbs
    Shipping dim. (w)x(d)x(h)60 x 57 x 80 cm24 x 22 x 31 インチ
    Shipping weight32.9 Kg73 lbs
  • Model name酸素濃縮器 1 100V 50Hz
    Model numberoxiti-01-100/50
    スペックシート酸素濃縮器 1 100V 50Hz
    使用環境メートル法ヤードポンド法
    Ambient temperature minimum10 ℃50 ℉
    Ambient temperature maximum40 ℃104 ℉
    Relative humidity minimum15 %15 %
    Relative humidity maximum95 %95 %
    ガスメートル法ヤードポンド法
    Minimum flow / minute0.1 リットル0.0 ガロン
    Maximum flow / minute1.0 リットル0.3 ガロン
    Minimum flow / hour6.0 リットル1.6 ガロン
    Maximum flow / hour60 リットル16 ガロン
    気圧 75 kPa11 PSI
    Gas quality87%から95%の酸素
    Gas remark空気
    電気メートル法ヤードポンド法
    Unit phase Ø voltage1 Ø 100 VAC 60Hz
    Unit power consumption555W 60 Hz / 435W 50 Hz
    接続メートル法ヤードポンド法
    Gas inlet6 mmの接続継手
    大きさ&重量メートル法ヤードポンド法
    Shipping dim. (w)x(d)x(h)43 x 65 x 48 cm17 x 26 x 19 インチ
    • 21°Cの温度で、最大1500メートルの標高で、製品の劣化を引き起こすことなく動作可能です。 これより高い標高(1500~4000メートル)での使用については、装置のサプライヤにお問い合わせください。
    • 周囲温度-10〜60℃ 相対湿度85%以下(結露なきこと)の乾燥した場所に保管。
    • 頻繁なコールドスタート、ほこりの多い環境、昼夜の気温差等による結露、不規則な電力(電圧の上昇と下降)は、酸素濃縮器に損傷を与える可能性があり、保証の対象外です。
  • Model name酸素濃縮器 1 100V 60Hz
    Model numberoxiti-01-100/60
    スペックシート酸素濃縮器 1 100V 60Hz
    使用環境メートル法ヤードポンド法
    Ambient temperature minimum10 ℃50 ℉
    Ambient temperature maximum40 ℃104 ℉
    Relative humidity minimum15 %15 %
    Relative humidity maximum95 %95 %
    ガスメートル法ヤードポンド法
    Minimum flow / minute0.1 リットル0.0 ガロン
    Maximum flow / minute1.0 リットル0.3 ガロン
    Minimum flow / hour6.0 リットル1.6 ガロン
    Maximum flow / hour60 リットル16 ガロン
    気圧 75 kPa11 PSI
    Gas quality87%から95%の酸素
    Gas remark空気
    電気メートル法ヤードポンド法
    Unit phase Ø voltage1 Ø 100 VAC 60Hz
    Unit power consumptionxxxW 60 Hz
    接続メートル法ヤードポンド法
    Gas inlet6 mmの接続継手
    大きさ&重量メートル法ヤードポンド法
    Shipping dim. (w)x(d)x(h)43 x 65 x 48 cm17 x 26 x 19 インチ
    • 21°Cの温度で、最大1500メートルの標高で、製品の劣化を引き起こすことなく動作可能です。 これより高い標高(1500~4000メートル)での使用については、装置のサプライヤにお問い合わせください。
    • 周囲温度-10〜60℃ 相対湿度85%以下(結露なきこと)の乾燥した場所に保管。
    • 頻繁なコールドスタート、ほこりの多い環境、昼夜の気温差等による結露、不規則な電力(電圧の上昇と下降)は、酸素濃縮器に損傷を与える可能性があり、保証の対象外です。