Back to: oxiti酸素濃縮器
詳細メートル法ヤードポンド法
1 Model name 酸素濃縮器 5 100V 酸素濃縮器 5 100V
2 Model number oxiti-05-100 oxiti-05-100
使用環境メートル法ヤードポンド法
3 Ambient temperature minimum 10 ℃ 50 ℉
4 Ambient temperature maximum 40 ℃ 104 ℉
5 Relative humidity minimum 15 % 15 %
6 Relative humidity maximum 95 % 95 %
ガスメートル法ヤードポンド法
7 Minimum flow / minute 2.0 リットル 0.5 ガロン
8 Maximum flow / minute 8.0 リットル 2.1 ガロン
9 Minimum flow / hour 120 リットル 32 ガロン
10 Maximum flow / hour 480 リットル 127 ガロン
11 気圧 103 kPa 15 PSI
12 Gas quality 87%から95%の酸素 87%から95%の酸素
13 Gas remark 空気 空気
電気メートル法ヤードポンド法
14 Unit phase Ø voltage 1 Ø 100 VAC 50/60Hz 1 Ø 100 VAC 50/60Hz
15 Unit power consumption 555W 60 Hz / 435W 50 Hz 555W 60 Hz / 435W 50 Hz
接続メートル法ヤードポンド法
16 Gas inlet 10 mmの接続継手 10 mmの接続継手
大きさ&重量メートル法ヤードポンド法
17 大きさ (幅)x(奥)x(高) 460 x 444 x 695 mm 18.1 x 17.5 x 27.4 インチ
18 重量 29.9 Kg 65.9 lbs
19 Shipping dim. (w)x(d)x(h) 60 x 57 x 80 cm 24 x 22 x 31 インチ
20 Shipping weight 32.9 Kg 73 lbs
その他
21 Other remarks
  • 21°Cの温度で、最大1500メートルの標高で、製品の劣化を引き起こすことなく動作可能です。 これより高い標高(1500~4000メートル)での使用については、装置のサプライヤにお問い合わせください。

  • 周囲温度-10〜60℃ 相対湿度85%以下(結露なきこと)の乾燥した場所に保管。

  • 頻繁なコールドスタート、ほこりの多い環境、昼夜の気温差等による結露、不規則な電力(電圧の上昇と下降)は、酸素濃縮器に損傷を与える可能性があり、保証の対象外です。

Back to: oxiti酸素濃縮器