世界が認める: ISO国際標準ファインバブル

偉大なことは世界が合意したときに成し遂げられる

ISO logo

偉大なことは世界が合意したときに成し遂げられる。これが、国際標準化機構であるISOの使命です。国際標準化の目標は、技術的な障壁を取り除くことにより、商品やサービスの流通を容易にすることです。もし、重量の国際基準がなかったら、どうやって1キロの砂糖を購入しますか? ISOは、スイスのジュネーブに本拠を置く法定協会です。 ISO会員は、世界164か国の国家標準機関で、自国で最も重要な標準組織です。よく知られている国家標準組織としては、アメリカのANSI、ドイツのDIN、イギリスのBSI、およびフランスのAFNORがあります。

国際基準は、グローバルなオープン性と透明性、コンセンサス、技術的一貫性の本質的な原則を具体化しています。 ISO技術委員会(ISO / TC)での開発を通じて保護され、パブリックコメントフェーズ(ISO技術調査)によってサポートされています。 ISOとその技術委員会は、市場ニーズに対応する解決策として、ISO技術仕様(ISO / TS)、ISO公開仕様(ISO / PAS)、およびISO技術レポート(ISO / TR)を提供することもできます。 ISO製品は、より低いレベルのコンセンサスを表しており、国際標準と同じステータスではありません。

日本のイニシアチブ

ファインバブルは日本発の革新的技術ですが、産業発展の前提となる規格の創成、認証技術の確立などを早急に 実施しなければ、関連産業の発展や関連技術開発の進展に支障が生じる懸念があります。日本が主導権を握り、ISOにアプローチし、ファインバブル標準化のためにISO技術委員会281を設立しました。2013年12月、京都で第1回ISOファインバブル会議が開催されました。一般気泡と比較して、ファインバブルのうち、直径100μm未満で1μm(=0.001mm)以上の泡を「マイクロバブル」、それより小さい直径1μm未満の泡を「ウルトラファインバブル」と定義しました。これは、ファインバブルという共通国際的概念を持つための最初のステップです(気泡の分類 直径ISO20480-1 参照)。ファンバブルの定義の1つとして直径を設定する理由は、直径をミリメートルで測定される一般的な大きな気泡と、マイクロバブルおよびウルトラファインバブルの特性が異なるためです。際立った特徴は、低い浮力とかなり長い寿命です。

バブルの分類

気泡を大きさで分類する場合、次の課題は、測定する方法、気泡サイズ、気泡密度(液体中に存在する泡の数)です。 ウルトラファインバブルは液体中に存在するため、光学顕微鏡で測定することはできません。また、電子顕微鏡で測定することもできません。 しかし、昨今の新しい測定技術により、それらを追跡することが可能になります。測定技術の開発は、イギリス、ドイツ、アメリカ、日本の民間企業や大学によって行われています。それらの多くは異なる測定方法を使用しており、それぞれが異なる原理を持っています(ファインバブル測定技術 参照)。

測定技術

Classification of bubbles in diameter ISO 20480-1
Fine bubble measurement technologies

ファインバブルを測定できる新しい測定技術により、ファインバブル発生装置の製造会社は、ファインバブル発生器を最適化と、産業用機器の開発することができます。 ファインバブル業界が自らを発展させるためには、明確な定義と一般原則が必要です。 気泡サイズ、気泡密度、また液体やガスの種類, 液中の滞在時間といった特性を国際標準化することにより、利用者が共通の言語を持って開発を進めることができます。

三階層の規格体系

グローバル社会で広く受け入れられるよう、標準化の三層構造を設定しています。定義・用語規格や一般原則を最上位に、様々な特性の計測方法の規格群を中位に、効果効能そして産業応用に関連する個別応用分野規格群を下位に位置づけて新たなISO規格体系を構築することで、世界中でのファインバブル技術の利用と健全な市場創成を目指しています(三層の国際標準化 ファインバブルISO20480-1 参照)。

ISO/TC 281は、各層ごとに個別のワークグループを設置しました。

2013年にファインバブルISO/TC 281委員会は、5人の参加メンバーと10人の監視メンバーの参加で始まり、2017年春には8人の参加メンバーと11人の監視メンバーとなりました。 2022年1月には、参加メンバーが10名、監視メンバーが11名で運営されています。下記マップには2017年時のメンバーが表示されています。

Countries participating ISO 20480-1 fine bubble standard
Three layer ISO International Standardization ISO 20480-1