0 results found.

Swagelokチェックバルブ 1/2" MNPT NPT 50~150psi -> 3.5~10.4bar

  • ポンプと組み合わせて操作する場合miniGaLFで必要
  • 調節可能なクラッキング圧力
  • 容易な取付と操作

Slideshow Items

逆止弁、クラック弁、逆止弁、逆流弁、保持弁または一方向弁は、通常、流体が一方向にのみ流れることを可能にする弁です。

チェックバルブは2ポートバルブです。すなわち、本体に2つの開口部があり、1つは液体流入口で、もう1つは液体流出口です。 色々な用途で使用される幅広いサイズと価格の様々なタイプのチェックバルブがあり、その多くは、一般的な家庭用品の一部に使用されています。 チェックバルブは自動的に機能します。 チェックバルブの重要な原理は、バルブが作動する入口と出口の間の最小差上流圧力であるクラッキング圧力です。 Swagelokチェックバルブは3.5から10.4バールのクラッキング圧力に設定することができます。 miniGaLFの場合、ポンプがあらゆる損傷から保護されていることを確認するために3.5バールが適しています。