暑い夏中ごく細かいバブルスは生産者の助けになります。

  • 投稿: 2019年5月31日(金)
  • /
  • 編集: 2019年6月 7日(金)

花育ち試験を判断しているカーネーション生産者

私たちAcnitiは、2017年から切り花の品質を高めるために実際に農家とコミュニケーションをとりながら活動してきました。
最初の年には切り花の生産者と協力して機械を設置し、その性能と効果を調査しました。そしてすぐに、機械の性能が良く効果もあるとわかりました。
残念なことに、私たちは機械を使用した場合と使用しなかった場合の比較を十分にできませんでした。なぜなら、協力してくださった農家の方が、機械の本格的な設置をすぐに決められたからです…!
2018年には愛知でさらに多くの生産者がUFB水中ミキサーと酸素濃縮機を使用しはじめました。
Acnitiの機械は低コストですが切り花の成長にはいい効果を多くもたらすというメリットがあります。だから多くの生産者に選ばれているのです。

 

試験のスタットを話し合い中の日本の生産者

機械のテストは愛知のカーネーション生産者のもとで行われました。愛知は全国3位の生産量を誇る生産地です。
(通常、最初の芽生えは10月から11月の間におこります。)
しかし愛知は7月から9月の平均気温が33℃ととても暑く、湿度も80%を超えます。つまりビニールハウスの中は作物と生産者の両方にとって不快な環境になります。

ナノバブルス試験のため新しい苗の植え付け

酸素濃縮機を使うことによって92%の純度の酸素を1分間に6L生み出し、その結果水中の溶存酸素濃度(DO)は4ppmから30ppmになります。
生産者は30トンタンクを使います。このタンクには、酸素ナノバブル水に注入しDOを30ppm以上に上げるは4時間かかります。
ナノバブルの平均的な大きさは110nmと植物の細胞よりも小さくなっています。だから細胞はナノバブルをより簡単に吸収できるのです。

ナノバブルスで育ったカーネーションです。

このテストの結果は、切り花の品質、ボリューム、本数、成長のスピード全てにおいて予想よりも素晴らしいものでした。
さらに肥料を普段の65%しか使わなくてよくなった、芽生えの時期がはやくなったという生産者の声も聞くことができました!!

またこの機械を使うことで植物がしおれる、枯れるという問題も完全になくなりました。つまり全ての結果はとてもポジティブなものだったのです。
そして今、Acnitiの機械はカーネーションだけでなくガーベラやトルコキキョウのビニールハウスにも取り付けられています。

タンクの中に設置されたACNITIの水中ユニット

ナノバブルには連作が行われた土地の土と作物を著しく改善するという効果があります。連作が行われた土地は、フザリウム病にかかりやすい傾向にありますが、ナノバブルが注入された水を使うことによってその可能性はほぼなくなります。
Acnitiは現在このテストをバラ、菊、ブバルディアのビニールハウスでも行っていますが、結果はいいものになるでしょう。さらにこの機械は切り花だけでなくトマトやピーマン、レタス、きゅうりにも効果があります。

Acnitiの機械は、よりいい収穫結果においてその価値を証明しました。

試験で利用されたセット、水中ユイットと酸素コンセントレイターです。


Recommended

.
acniti 水中ユニット

ナノバブルス発生器

花育ち試験に使われているナノバブルス発生器と酸素コンセントレイター

Explore

acnitiはウルトラファインバブルおよびナノバブルテクノロジーの販売とマーケティングに特化し、加速成長してます。

気泡技術は水と液体の次世代革命です。ガスを溶解することで水や液体の性質を変化させ生体的作用の向上をはかり、幅広い用途での洗浄および消毒技術を革新しています。

次へ →



RF200

RF200 ポンプ用 セルフクリーニング インレットフィルタ

ACNITIについて/支払い

acniti合同会社
大阪府箕面市如意谷1-2-9
〒562-0011

+81 90 6329 1255